国際恋愛

結婚しないフランス人説はホント?フランス男性の結婚観について

フランス人は意外にも「現実的」?

「愛の国」と称されるフランスなだけに理想的でロマンチックな国であると期待するかもしれません。

確かにフランス人は本当にロマンチックです。
常に愛​​に情熱を傾けていて、強く愛し、見返りに愛されることを望んでいます。

しかし結婚に対しては、彼らはシニカルで現実的と言われています。

実際に、フランスでは結婚するカップルの割合は少なくなっています。
これは、昨今の高い離婚率と法律婚の負担の大きさも背景の一つにあるのではないかと思いますが、「結婚しているかどうかに関係なく、ロマンスを生かし続けることが最大の目的である」というフランス人の恋愛に対する価値観こそが大きな理由ではないかと思います。

選択肢としてのPACS(パックス)

1999年からスタートしたこの制度は、もともと同性カップルのために制定されました。
PACSはフランス語の”Pacte Civil de Solidarité”の略称で、日本語では”連帯市民協約”、英語では”Civil solidarity pact”と訳されています。

日本で例えるなら「事実婚」になるかと思いますが、成人していること、血縁関係ではないこと、同居していることなどを条件に、パートナーとPACSを組むと社会保障や税金の面で法的なメリットがあります。
優遇措置については、結婚とほぼ同等ではありますが、たとえば相続権や養子縁組の権利は得られません。

同居でもなく、結婚でもない、その中間といったところでしょうか。

同性カップルのために制定されたPACSですが、異性間でも契約を結ぶことができます。
PACSを組んだカップルは「Pacsé」と呼ばれます。

グラフを見てわかる通り、結婚の数は減少傾向にある一方で、Pacséの数は劇的に増加しています。

今ではPacséの95%が、異性カップルによって構成されているそうです。



なぜ異性カップルでも結婚でなくPACSを選ぶのか?

結婚ではなくPACSを選ぶことの理由は、やはりその手軽さにあるでしょう。

フランスは結婚に関連した手続きが複雑であり、離婚をする際も多額のお金と多くの時間を使って必ず裁判所を通さなければなりません。
反面PACSは、どちらかの申し立てがあればパートナーシップを解消することができます。結婚よりも制約が少ないということですね。

同居と結婚の中間の立ち位置といえど、フランスでは子供がいても両親はPacséという家庭は多くありますし、お互いのことを「夫」「妻」として公表しています。

PACSを組めば、結婚とほぼ同等の社会的な優遇措置が受けられるので「特に必要ないから結婚はしない」という、なんとも合理的な選択をしているわけです。

ちなみに英国では、2018年10月2日に、テリーザ・メイ英首相が、全てのカップル(異性・同性に関わらず)が結婚しなくても配偶者としての法的権利を認める「シビル・パートナーシップ制度(Civil partnerships)を選択できるようにすると発表しました。つまり、現在シビル・パートナーシップ制度は同性結婚のみを認めていますが、これがPACSのような制度に変わるというわけですね。
いま世界でもPACSが広まりつつあるようです。

結婚は最終目的ではない

以前に、フランス人の彼と結婚観について話してみたことがあります。

彼さん
彼さん
ぼくにとって結婚は、ただの紙切れ(契約書)に過ぎないよ。たとえ結婚していたとしても愛がなければ、一緒にいる意味はないと思う。PACSを組めば法的な補助は受けれるし、必ずしも結婚にこだわらなくてもいいんじゃないかな。
フランス人の中にも結婚を好んで選ぶ人たちもたくさんいるけどね。

先述のとおりフランスでは、異性カップルのPacséの数は増加傾向にあります。
実は身近なところでも、彼の父親が妻とPACSを組んでおり、彼を含めた3人の子供がいます。

彼さん
彼さん
これはぼくの意見だけど、日本では結婚はある意味”ショー”だよね。
豪華な結婚式を挙げて、招待客らも多額の祝儀を払って、それにまた高価なお返しをして…、なんであんなにお金をかけすぎるんだろう。無意味に思えてしまうな。

それに、愛情が冷め切っても、子供のために離婚の選択をせずに耐えている夫婦の話もよく耳にするね。その環境は本当に子供のためになるのか、疑問に思う。

日本人の結婚観は変化しつつある気もしますが、いまだパートナーがいると「結婚は?」という質問が日常茶飯事なのも事実です。カップルが長年連れ添っているにも関わらず結婚をせずにいれば、周りは疑問に思います。
まだまだ、結婚=ゴールの意識が残っている日本とフランスとでは、その価値観に大きな違いがあるのですね。

フランスは離婚率40%越えの国です。
子持ちの夫婦が離婚した後、子供は母親と父親の家を行き来しながら、両親もそれぞれ別のパートナーと結婚し新たに子供を作り…といったプロセスを踏んでできあがる複合家族もめずらしくありません。
これについては賛否両論あるかとは思いますが、そもそも「愛がなければ意味がない」というフランス人の結婚観を垣間見ることができます。

彼が驚いた日本人女性の結婚観

以前、フランス人が日本を住みにくいと感じる理由4つという記事でも紹介しましたが、日本人女性の価値観にギャップを感じるフランス人男性は少なくないようです。

彼さん
彼さん
ある日本人の女性に恋したスイス人の友達がいたんだけど、その恋はかなわなかったんだ。
なぜなら、その友達が当時アルバイトで収入も低かったから。

もちろん全ての女性がそうとは限らないけれど、相手の収入や社会的地位を気にする女性が日本では多いなって印象。

いわゆる“物質主義”な女性が多い日本ですが、これは日本文化の歴史の中で「女性は夫に養ってもらい家事や育児を担う」という考え方からくるものだと思います。

愛することを最も大切にするフランス人にとっては、そうした視点でパートナーを選ぶ日本人を理解することは難しいのでしょう。

しかし、最近では女性が働くことも一般化し、経済的にも余裕が出て、結婚「しなくてはならない」という従来の女性の意識も、少しずつ変化してきているのではないでしょうか。

フランス人が日本を住みにくいと感じる理由4つこんにちは。 私のフランス人の彼は、1年半ほど日本に住んでいました。 その頃感じた日本の文化についてよく2人で話すのですが、彼はそれ...



おわりに

それぞれのカップルが自由なかたちを持っているフランス。
社会的圧力にストレスを抱えることなく、お互いが生きたいように生き、結婚についても個人主義に基づいた自分自身の価値観で。

高い離婚率はともかくとして、私たちが結婚についてフランスから学べることは、少なくない気がします。

ABOUT ME
Shiori
元Webディレクター。イギリスかぶれにも関わらず、フランス人との交際を機にパリへ移住することになったインコ好き。現在は、大学入学を目指してそれぞれ勉強中。読書、映画鑑賞、カフェでのモーニングが趣味。