移住きろく

【国際郵便】フランスへ荷物を送る!1番安い方法は?日数は?

こんにちは。

最近は、フランス移住への準備を着々と進めております。

区役所で手続きしたり、水道や電気を止めたり、家具を処分したりと、タスクが盛りだくさんです。

私は比較的、荷物が少ない方なのですが、やっぱり引っ越しとなると満杯の140cmダンボールが2箱になりました。
今回はパッキングした荷物をフランスへ郵送する際の忘備録です。



フランスへの荷物の郵送方法は3種類

フランスへの荷物の郵送方法は3種類あります。

お届け日数料金※重量10kgの場合
EMS(国際スピード郵便)2~4日程度16,600円
航空便(国際小包)7日17,650円
船便(国際小包)1ヶ月〜2ヶ月6,750円

フランス宛のエコノミー航空(SAL)便は休止中

ちなみに国際小包には、航空便、船便の他に「エコノミー航空(SAL)便」という発送手段がありますが、2017年12月18日以降、フランス宛のSAL便の引き取りは休止しているみたいです。
もしSAL便が使えたら、重量10kgで、12,550円、2週間前後と、便利で比較的安価で送ることができるので休止は残念ですね…。

ヤマト運輸も利用可能

ヤマトさんも国際郵便のサービスを提供しています。

サイズ書類パック
1kgまで
60cm以内
2kgまで
80cm以内
5kgまで
100cm以内
10kgまで
120cm以内
15kgまで
140cm以内
20kgまで
160cm以内
25kgまで
料金1,500円3,200円5,350円10,150円16,450円23,950円30,450円

集荷料、通関料、配達料を含んだパック料金になっているみたいです。

また、お届け日数は発送する曜日によって変わるようです。

発送日
お届け予定日
所要日数+4日+6日+6日+6日+6日+5日+4日

ちなみに、ヤマト運輸には「欧州ヤマト運輸 パリ支店」がパリのオペラにあります。

欧州ヤマト運輸 パリ支店
21 ,rue d’argenteuil 75001 Paris
Tel. (33) 1 42 97 58 99 /Fax. (33) 1 42 97 58 37

だからこんなに早く届けることができるんですね〜!
パリから日本へ荷物を送る際も、集荷を依頼することができます。

日本郵便とヤマト運輸、どちらが良いの?

こうして比較してみると、日本郵便は「重量」、ヤマト運輸は「大きさ」で料金が決まるようですね。
小さくて重い荷物かつ早く送りたいならヤマト運輸、それ以外は日本郵便のほうが比較的安く送れます。

国際小包とEMS、どちらが良いの?

私は国際小包をおすすめします。
その理由を順を追って説明していきますね。

EMS(国際スピード郵便)とは、30kgまでの書類や荷物を発送でき、追跡も可能、簡単、便利に送れる国際郵便で最速のサービスのこと。
なにより「追跡可能」というところがストロングポイントかと思います。
しかし、下記の2つの理由からフランス宛のEMSはあまりおすすめできません。

  • フランスのEMSを専門に扱う配達会社の評判が悪い
  • インボイスを別に用意しなくてはならない

EMSで発送された荷物は、フランスに到着したあと「クロノポスト(Chronopost)」という会社が配達を担当しています。
そもそもフランスの郵便事情はあまり良くないのですが、このクロノポストは特に評判の悪い会社らしく、配達不備などのトラブルが絶えないようです。

またインボイスを別で添付しなくてはならないのも面倒です。
EMSの発送ラベルには元からインボイスの枠が設けられていて、普通であればそれで事足りるのですが、フランスの場合はそれとは別にインボイスを添付しなければなりません。

実は私も一度、EMSを利用してフランスへ荷物を発送したことがあります。
その際、インボイスは発送ラベルにあるし大丈夫だろうとそのまま発送しましたが(郵便局の窓口の方も普通に受け付けてくれました)、発送後1週間を過ぎても、受取人から受け取りの連絡がなく、不審に思い追跡してみたところ、フランスの税関で荷物が止まったままになっていました。
「Missing document」とあり、なんのことか分からず、とりあえずクロノポストに問い合わせてみることに。

クロノポストの窓口のおねえさんが「インボイスがついていないことが原因で税関で止まっている」と説明してくれました。
その後、おねえさんの指示通りに、インボイス作成し、クロノポストへメールで送付。やっと税関を通過し、無事に荷物も受取人のもとへ届けられたのでした。

また後日にでも記事を書こうと思いますが、その過程が大変だった・・・。
何度かクロノポストへ海外通話で電話したので、その月の通話料もとんでもないことになっていました。

と、まあ、以上の経験から、私は国際小包をおすすめします。
インボイスもいらないし、国際小包はフランスでは「La Poste(ラ・ポスト)」という別の会社が配達を担当していますので、まだマシかと。

日本郵便 国際小包の利用方法

さて、今回私が利用したのは日本郵便。

140cmサイズのダンボール2箱を集荷に来てもらいます。

必要書類

  • 送付の宛先
  • 税関告知書 CN23 の所要枚数……2枚
  • 税関告知書 CN23 及び送状の記載言語……フランス語又は英語

税関告知書 CN23 には、内容品の種類、重量、価格、原産国、運送方、包装の性質、商標
及び輸出番号等を明細に記載しなければならない。これに反するとき、小包は、その名あて
国における通関が遅延するばかりでなく、差し押さえられることがある。
国際郵便条件表|フランス

「税関告知書 CN23ってなんぞや?」と思いますよね。
簡単に言うと、ダンボールの中に何が入っているのかを説明する書類です。
国際小包の発送ラベルの4枚目と5枚目がこの税関告知書 CN23になっているので、別で作成する必要はありません。

発送ラベルの書き方

国際小包の発送ラベルはこんな感じです。

ラベルにはすべて英語で記入します。

住所の書き方も日本語での記入とは異なりますので注意してください。

例えば下記のような住所の場合、

東京都千代田区大手町二丁目3番1号


下記のように記入します。

2-3-1 Otemachi Chiyoda-ku Tokyo Japan

電話番号は、国番号 +81 を必ずつけてください。

また、フランスの郵便番号は日本と異なり5桁の数字例:91700から成ります。

「内容品の詳細な記載」の書き方

ここは、税関を通るときに重視される場所なので、ちゃんと書いたほうがいいです。
たとえば、「Foods」と大まかに書くのではなく「INSTANT NOODLES ※インスタントラーメン」「DRIED BONITO ※かつお節」という風に詳細にしてください。
内容品の正確な記載について

特に慎重に記載したほうがいいのが、金額の部分。
あまりにも高い価格を書いてしまうと、受け取りの際に税金を取られることがあります。
逆に0円としてしまっても、税関で不審に思われて荷物を開封されたり、その品の価値を調べるのに時間がかかったりするらしいので、なんらかの価格は記載しておくべきです。

例としては、こんな感じ。

(Personal Use)
ALBUMS 個数:2 重量:50g 価格:¥100
COMPACT DISK 個数:10 重量:2kg 価格:¥500
STUFFED DOLLS(No battery) 個数:2 重量:50g 価格:¥30

はじめに書いた「(Personal Use)」は、税金がかからないように「商業利用ではなく、個人で利用する物品です。」ということを示しています。

下記のサイトを参考に英語に訳してください。

リストに掲載しているものでも、国によっては送れない場合がございます。詳しくは国・地域別情報をご覧ください。

STUFFED DOLLSはぬいぐるみですが「(No battery)」は、ぬいぐるみの中に電池などが入っていないことを説明しています。
電池は送れないので。

今回かかった配送料

さて、今回実際にかかった配送料について。

実際に送った荷物です。

はじめ、航空便で送る予定でした。
重量もなんとなく10kgくらいだろうなーと思っていました。
が、実際に測ってもらったら18kgと15kg!わー、結構ある。

集荷のおにいさんに航空便の値段を調べてもらうと、

「2つで48,000円ですね・・・。」

!?!?!?

たかーっ!

いやいや、いっそ中の荷物なんて捨てて買い直した方がいいレベル。

仕方なく船便で調べ直してもらいました。

「2つで、18,400円です。」

半額以下です・・・。それでも高い。とほほ・・。
郵送にはおそらく2ヶ月ほどかかるとのこと。
まあ、仕方ないです。そこまで急ぎのものは入っていないので、今回は船便で送ることにしました。

無事に受け取れることを祈っています。

送った荷物が無事にフランスへ到着しました。※2019.02.09 約2ヶ月



おわりに

いかがだったでしょうか。
何度かフランスへの荷物を発送してみて思ったこと。日本の郵便事情は素晴らしい!
時間通りに届くし、いつでも集荷に来てくれるし、ホントいままでありがとう!

それでは、また。

ABOUT ME
Shiori
元Webディレクター。イギリスかぶれにも関わらず、フランス人との交際を機にパリへ移住することになったインコ好き。現在は、大学入学を目指して勉強中。読書、映画鑑賞、カフェでのモーニングが趣味。